大人のADHD解決法

【女性】注意欠如多動性障害の症状

 

 

■女性にみられる注意欠如多動性障害の症状■

 

女性のあなた。こんなことを家庭や会社で言われていませんか。言われている数が多ければ多いほど、ADHDの可能性があります。

 

・だらしがない
・あてにならない
・ぼんやりしている
・手順が悪い
・いいかげんだ
・あわてんぼう
・そそっかしい
・要領が悪い

・きちんとして
・片づけろ
・子どものしつけができていない
・抜けている

 

などです。

 

女性は、結婚すれば子育てや掃除など家庭仕事全般をすることが多いので、負担が非常に多くなります。男性よりも、生活に困難さを感じます。

 

男性も女性も、嫌なことが起きると立ち向かって解決するよりも、逃げ出そうとしがち。そのため、注意欠如多動性障害ではない人にくらべ、転職や離婚の割合も高いのが特徴です。

 

 

■片づけられない、散らかしっぱなし■

 

女性の注意欠如多動性障害は、不注意優勢型(うっかりや忘れ物)が多く、多動性(落ち着きがない)は多くありません。

 

子どもの頃も静かでおとなしく、忘れ物が目立つくらいでした。そのため周囲にも、自分も気づかないで大人になったひともいます。

 

部屋が片づけられない、散らかしっぱなしの状態は、社会的に女性のほうが非難の目で見られます。本人も「どうして片づけることができないのだろう」と自尊心が傷つきます。

 

自分自身に自信がもてなくなり、うつ病になってしまうことも。そのため感情のコントロールができず、ちょっとしたことでキレてしまいます。

 

この衝動性は、利害を考えない行動にもあらわれます。性的関係で失敗したり、問題もよくおこしがち。

 

>>>注意欠如多動性障害のトラブル(片づけられない)

 

医学では治らないとされている、アスペルガーなど発達障害を改善する方法を公開しています。