大人のADHD解決法

注意欠如多動性障害の特徴

 

 

■特徴■

 

大人のADHDには、不注意、多動性、衝動性といった3つの症状があります。

 

不注意のみの人もいれば、多動・衝動型といった症状が混在している人もいます。

 

 

■不注意(ふちゅうい)型■

 

年齢あるいは発達に不釣り合いな注意力。物をよくなくすし、忘れ物もしょっちょうします。何をどこに置いたかもすぐ忘れるため、いつも何か探し物をしています。

 

ちょっとしたことで気が散ってしまうので、集中力が長続きしません。

 

 

■多動性(たどうせい)型■

 

とにかくじっとしていられない。子どものころ授業中でも座っていられず、教室のなかをウロウロしてしまった。手や足で何かをいじったり、物音をたててしまう。読者など静かにしているのが苦手。

 

社会的な活動に支障をきたしています。

 

 

■衝動性(しょうどうせい)型■

 

待つことが苦手。順番を待てずに割り込んでやりたがる。相手の話をさえぎって話はじめたり、話の途中に割り込む。他人にすぐ干渉したり、邪魔をする。

 

 

■こどもとおとなの注意欠如多動性障害のちがい■

 

個人差はありますが、成人すると子どもの時にくらべて「落ち着きのなさ」、いわゆる多動性が弱くなります。会社で突然うろうろしたら目立ちますよね。

 

しかし、逆に不注意が目立つようになります。子どものころは親や学校が支えてくれていましたが、社会人になるとそうはいきません。

 

おとなになると、誰も助けてはくれません。守ってくれなくなります。

 

社会人で忘れ物が多い、物をよくなくす、遅刻するという行為は、周囲からなまけている、いいかげん、仕事ができない、任せられないというレッテルを貼られてしまいます。

 

>>>注意欠如多動性障害の原因

 

医学では治らないとされている、アスペルガーなど発達障害を改善する方法を公開しています。