大人のADHD解決法

注意欠如多動性障害のチェック

 

 

■チェック方法■

 

以下のリストに目をとおして、あてはまるものにチェックをつけてください。

 

・集中しにくい
・気が散りやすい
・思いついたら行動せずにいられない
・きちんと片づけるのが苦手
・順番どおりにやることが苦手
・ゆっくりと落ち着いて考えることができない
・やるべきことがとても多い。しかし、なかなかやり遂げられない
・おしゃべりだと言われる
・人の話を聞かない、聞けない
・人がしゃべっているのに割り込んでしまう。そして「しなければよかった」と後悔する
・周りの意見をうのみにしてしまう
・自分が何を言おうとしていたか、わからなくなることが多い
・頭の中がつねに忙しい。落ち着かない
・緊急ではない程度のやるべきことを忘れる
・せっかち。待つことができない
・衝動的に決断する

・やるべきことをギリギリまでやらない。ぐずぐず引きのばす
・思いついたことをすぐ口にしてしまう
・仕事が退屈だと途中でもやめてしまう
・前もって計画したり、準備することが難しい
・自分で決めた目標を達成することができない

 

チェックした項目が多い人は、大人のADHDの可能性が高いと、膨大な科学的な研究データによって実証されています。

 

 

■医療機関で使われている注意欠如多動性障害の診断基準■

 

医療機関では、アメリカ精神医学会によるDSM(Diagnostic and Statiscal Manual of Mental Disonrders)が使われています。

 

>>>注意欠如多動性障害の特徴

 

医学では治らないとされている、アスペルガーなど発達障害を改善する方法を公開しています。